エドューの英会話の記録

英語が喋れないことが恥ずかしいのではなく、喋らないのが恥ずかしい

英語学習をしてみて大事だと思ったことを私なりに書いてみます。海外旅行が趣味で、現地の人ともっとコミュニケーションをとりたいと思い、英語の勉強をすることにしました。勉強するなら基礎固めをきちんとしよう、ということで、大手英会話学校に通いました。

 

日常会話中心のクラスを選択しましたが、受験英語や学術英語しか学んで来なかった私には日常の何気ない会話をすることが難しいと感じました。お金さえあれば1対1の授業を受けるのもよいのですが、クラスメイトと学習すると、ひどいカタカナ英語発音を客観的に見ることができますし、いいこともあります。

 

その後、会社の語学研修で、たったの1ヶ月間でしたが、アメリカに留学しました。ホームステイし、語学学校に通う毎日でしたが、この期間が私の英語学習の上で非常に重要な経験となりました。

 

短期の留学を考えるならコチラを参考にしてみてください
>>短期語学留学 おすすめ

 

学校のクラス分けはペーパーテストで行うのですが、同じクラスになった中の上くらいのクラスの生徒たちは東アジア系の人が多く、その国の教育方針が日本と一緒でした。つまり、文法などの筆記重視で、スピーキングはそんなに得意でない人たちです。一方で、同じくらいの筆記試験レベルのアラブ系の生徒たちはスピーキング能力が大変高く、学び方の違いを感じました。彼らは本当にすらすらと話すことができて素晴らしいと思いました。TOEICをやらせたら私と同じくらいの点数のはずなのに、です。

 

この語学研修を通じて、非常に重要だと感じた事は、うまく話せないからといって黙ってしまったり積極的に話しかけないことは非常に愚かなことです。他の国の人達は文法的に間違っていてもどんどん話しかけています。だって、母国語でないんですから、流暢に喋れなくて当然です。日本人からすると英語はすぐ採点される教科だから、喋れないことは勉強ができない教養のない人、と見られるのを恐れてバレないように喋らないのだと思います。

 

とにかく臆することなくコミュニケーションをとることが重要です。この事を感じてからは旅行先でも英語で困ることは全くなくなり、当初の目標を達成できていると感じています。